MADE IN JAPANの実力 新宿のリオネット補聴器メーカー直営店 リオネットセンター新宿ブログ

国産補聴器メーカーリオンの直営店リオネットセンター新宿(新宿駅代々木駅すぐの認定補聴器専門店)のスタッフブログです。補聴器選びに欠かせない語音明瞭度(弁別能)測定・補聴器の価格・評判・保険適用・補聴器と集音器の違い、新宿駅代々木近辺のグルメ情報などの情報発信を行います。
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOPリオネット補聴器 ≫ 補聴器 vs 結露

補聴器 vs 結露

皆様、明けましておめでとうございます。

リオネットセンター新宿ならびに、リオネット補聴器を、

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


スタッフブログ年始1ネタ目は、この時期の補聴器との上手な付き合い方です。


お客様からの問い合わせでこの時期に圧倒的に多いのが

「耳かけ補聴器を使っているが、急に音が出なくなった」

という内容です。


こうした問い合わせの原因のほぼ大半は、

この時期の場合、チューブ内の結露による断音です。

室内の暖かい場所から冷たい屋外に出たとき、またはその逆の時に起こる現象です。


実際にチューブ内に結露すると、このような状態になります。

チューブ結露②


補聴器から出た音がチューブ、耳栓を通って耳に届くわけですが、

チューブ内に結露することにより、その水の膜が音を止めてしまうのです。


こうなると電池を新しく変えても結露がなくならない限りは音は出ません。

対応としては、

チューブを振って水気を飛ばす、

エアーで水気を吹き飛ばす、

などして、溜まった水を取ってしまえば完了です。


事前に結露を防ぐアイテムとして、防滴チューブというものもあります。 防滴チューブ


これはチューブ内に糸が入っており、その糸が水分を少しずつ蒸発させるという仕組みです。


耳栓との結合部から少し糸が出ていますが、これは引き抜いたり切らないでください。

糸が外に出ていることによって蒸発させていますので。


この時期に音が急に出なくなったということがあれば、この結露を疑ってください。

原因と対策さえわかれば、落ち着いて対応できますよね。


結露がなくて音が出ていないということであれば、

別の問題ですので、店舗に点検にお越しください。

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL