MADE IN JAPANの実力 新宿のリオネット補聴器メーカー直営店 リオネットセンター新宿ブログ

国産補聴器メーカーリオンの直営店リオネットセンター新宿(新宿駅代々木駅すぐの認定補聴器専門店)のスタッフブログです。補聴器選びに欠かせない語音明瞭度(弁別能)測定・補聴器の価格・評判・保険適用・補聴器と集音器の違い、新宿駅代々木近辺のグルメ情報などの情報発信を行います。
2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 補聴器と医療費控除TOP未分類 ≫ 補聴器と医療費控除

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

補聴器と医療費控除

さて、少し時期は過ぎてしまいましたが、



今回はお客様からのご質問も多い

「補聴器と医療費控除」

について復習したいと思います。


「医療費控除」とは、

病気や怪我のために病院へ入通院した際にかかった医療費が、

確定申告すると一部が税金(所得税)から差し引かれる、

という制度です。


医療費控除は、一般的には医療にかかった経費の合計が10万円を超えた場合に超過分が還付されます。


 「補聴器は対象にならないの?」


 と疑問をお持ちになる方もいらっしゃると思いますが、

補聴器が「医師等による診療や治療を受けるために必要」な場合に限り対象となります。

詳しくは国税庁のホームページをご参考にしてください。


加齢による聴力低下、

単に聞こえが悪いから補聴器をしている、

だけでは控除対象とはなりません。


医療費控除を受ける際には原則として、

「医師の診断書」が申告時に必要となりますので、

 耳鼻科での診察と診断書が必須です。


該当するかも?と思い当たる節がある方は、

お近くの税務署に相談してみてはいかがでしょうか?

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。