MADE IN JAPANの実力 新宿のリオネット補聴器メーカー直営店 リオネットセンター新宿ブログ

国産補聴器メーカーリオンの直営店リオネットセンター新宿(新宿駅代々木駅すぐの認定補聴器専門店)のスタッフブログです。補聴器選びに欠かせない語音明瞭度(弁別能)測定・補聴器の価格・評判・保険適用・補聴器と集音器の違い、新宿駅代々木近辺のグルメ情報などの情報発信を行います。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年11月
ARCHIVE ≫ 2017年11月

リオネット補聴器最上位機種 リオネットシリーズ誕生

リオネット補聴器から

原音に忠実な音作りを目指し、新たに開発されたリオネットエンジンを搭載した

「リオネットシリーズ」

が発売となりました。


A5シリーズ

HB-A5


A3シリーズ

HB-A3

上記写真はデザインで差別化しやすい耳かけ型補聴器ですが、リオネットシリーズにはもちろんオーダーメイド型もあります。


リオネットシリーズは、これまで最上位機種であった「リオネットマジェス」を超える、リオネット補聴器の中で最上位に位置づけられるものです。


今回、これまでリオネット補聴器には無かった機能として、残響抑制が新たに搭載されました。


これまでお客様からのご要望として、

「講演会などを聞きに行ったときに、音が反響して聞こえにくいのをどうにかできないか」

というものがありました。そのご要望にお応えしたものが残響抑制です。

残響抑制は、ホールや会議室など音が響く場所での言葉の聞き取りに影響する残響音を低減。音が響きやすい環境でも会話がしやすくなります。


また、マキシエンスに限りですが、保証期間がこれまでの最長3年から更に1年延び、4年保証が付きます。更に、リオネット初の1年間の紛失保証も付きますので、万一の場合も安心です。

リオネットシリーズの特設ページはこちらから

http://www.rionet.jp/rionet/


また、使いやすさを精緻な設計で実現させた製品であり、高齢者に対するきめ細かい配慮がなされていると評価され、2017グッドデザイン賞を受賞しました。

グッドデザイン賞 リオネットシリーズ はこちら

http://www.g-mark.org/award/describe/44703


リオネットシリーズの試聴も承っておりますので、

ご興味のある方はお気軽にスタッフまでお声掛け下さい。

 

認定補聴器専門店リオネットセンター新宿スタッフ一同、

皆様のご来店を心よりお待ちしております


関連記事

世界初の「補聴器用ワイヤレス充電システム」の開発!!

いつもリオネットセンター新宿店のブログをご覧いただき誠にありがとうございます

さて、今回は、
先日10月12日にプレスリリースにて発表された
補聴器用電池と互換性のある充電池による世界初(※)の
「補聴器用ワイヤレス充電システム」共同開発
について触れたいと思います
(※)補聴器用空気電池と互換性があり、ワイヤレス充電機能を実現した補聴器用充電システムは世界初です。(2017年9月末現在/リオン、Nitto調べ)

リオネット補聴器を製造するリオン株式会社と日東電工株式会社は、世界で初めて
「補聴器用ワイヤレス充電システム」を共同開発しました。
この充電システムの主な特徴は…

news_171012_1[1] 

1、空気電池と充電池の両方が使用可能
外出先で万一、補聴器充電切れが発生しても空気電池に交換することですぐに使用を再開でき、補聴器ユーザーの充電切れに対する不安を解消します。

2、充電器に置くだけのワイヤレス充電システム
発本システムは補聴器を充電器に置くだけで充電できます。さらに補聴器の向きも気にする必要がありません。

3、リオネット補聴器(空気電池)への利用
利用できる補聴器については、本充電システム販売時にお知らせする予定です。今後発売するリオネット補聴器や現在販売しているリオネット補聴器の一部についても、本充電システムを利用できるように開発を進めていきます。

4、充電池は約2.5時間の充電で約30時間(※)の連続使用が可能
短い充電時間で長時間の連続使用を実現したことにより、補聴器ユーザーの利便性を大幅に向上させます。
(※)連続使用時間は使用状況、使用環境により変化します。

5、充電池の充電可能回数800回以上(※)の長寿命
1日1回の充電の場合、2年以上充電池を取り換える必要がありません。

(※)充電可能回数は使用状況、使用環境により変化します。



以上の5つの特徴をもった充電池とその充電システムは、これまで空気電池のランニングコストを気にされていた方や充電できる補聴器に興味を持たれていた方、電池を交換するのに手元が心配な方など多くの方にとって、とても魅力的なものではないでしょうか

まだ実際の発売時期は未定なのですが、
そう遠くない未来に補聴器がより便利になること間違いなしです




関連記事