MADE IN JAPANの実力 新宿のリオネット補聴器メーカー直営店 リオネットセンター新宿ブログ

国産補聴器メーカーリオンの直営店リオネットセンター新宿(新宿駅代々木駅すぐの認定補聴器専門店)のスタッフブログです。補聴器選びに欠かせない語音明瞭度(弁別能)測定・補聴器の価格・評判・保険適用・補聴器と集音器の違い、新宿駅代々木近辺のグルメ情報などの情報発信を行います。
2015年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年08月
ARCHIVE ≫ 2015年08月
      

≪ 前月 |  2015年08月  | 翌月 ≫

消費者物価指数に補聴器が仲間入り!

毎日暑い日が続いておりますが、みなさんはいかがお過ごしですか?
猛暑にもかかわらず、当リオネットセンター新宿には、連日多くのお客様にご来店いただいております。
皆様、本当にありがとうございます

先日、経済の体温計とされる「消費者物価指数」の調査品目を見直す基準改定が総務省より行われました。
この消費者物価指数とは、消費者が購入するモノやサービスなどの物価の動きを把握するための統計指標で、国民の生活水準を示す指標のひとつになっています。

その身近なモノやサービスの価格の動きをみる「消費者物価指数」の対象品目に
新たに【補聴器】が加わることになったのです!!
高齢化により消費者の需要が増えているとして新たに採用されました

対象品目は5年に1度基準の改定が行われていて、全国のおよそ9千世帯につけてもらった家計簿から支出が多いものを選んでいます。
今回は少子高齢化時代の消費の変化を踏まえ、約30品目が入れ替わりました。
補聴器が経済指標の一つに仲間入りしたということは、生活に必要なモノとして徐々に補聴器が浸透してきているということでしょう。

消費者物価指数の対象品目の移り変わりは 時代を映す鏡といわれています。

見づらいことがあれば眼鏡、聞きづらいことがあれば補聴器
ということが当たり前の時代がそこまできているのかも知れませんね。

皆様、国産補聴器と言えばリオネット、リオネットと言えばリオネットセンター新宿ですよ

まだまだ暑い日が続きますので水分、休息をしっかりとってこの猛暑を乗り切りましょう! (^^)

関連記事