MADE IN JAPANの実力 新宿のリオネット補聴器メーカー直営店 リオネットセンター新宿ブログ

国産補聴器メーカーリオンの直営店リオネットセンター新宿(新宿駅代々木駅すぐの認定補聴器専門店)のスタッフブログです。補聴器選びに欠かせない語音明瞭度(弁別能)測定・補聴器の価格・評判・保険適用・補聴器と集音器の違い、新宿駅代々木近辺のグルメ情報などの情報発信を行います。
2015年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年04月
ARCHIVE ≫ 2015年04月

聴こえを通してスポーツ観戦に楽しみを

春になり、時折寒い日もありますが徐々に暖かくなってきました

桜の開花に続き、プロ野球を始めとして、Jリーグ等のスポーツが盛んになってきます

そういう私は大の野球好きで、ある球団の熱心なサポーターです
暇さえあれば全国各地の野球場へ応援に行きます

野球観戦を通じて、私なりに思うことがあります。

「補聴器装用者はどのようにスポーツ観戦を楽しんでいるのだろうか?」

バリアフリーの面から、最近では球場でも「車いす専用席」が当たり前になってきました。
それと同様に「難聴者席」が設置されて、その「難聴者席」で聴こえの面からサポートができたら、球場が難聴者にとってより楽しめる場所になるんだろう思います

最近では「きこえのバリアフリー」としてホールや劇場に補聴援助システムが設置されはじめたと聞きます。

補聴援助システムには磁気ループをはじめ様々あります。

写真は某球場の外野席になりますが、この座席の下にループ用のケーブルを引くことで、より歓声やBGMが聴こえたらいいなと思いました
DSC_1806.jpg

しかし、球場や競技場は屋外であったり広大なので、現実的にはFM補聴システムがより適しています。

このシステムは磁気ループのような敷設工事が必要ないので、既設建物でも低コストで導入でき、
利用者は市販や総合支援法で交付されるFM受信機がそのまま使用できます。


最近ではFM補聴システムが劇場や大ホールにも導入されてきて、広い範囲で受信できるので「難聴者席」が要らないというメリットもあるとのこと。もちろん補聴専用電波ですから他の周波数帯のものとは混信も干渉もありません。
難聴者にも自由度を広げられるよう考えられています。

野球やサッカーは応援が欠かせません。
歓声やヤジも聞こえなくては面白くないですよね


最近ではFM補聴システムに対応する補聴器も
直結タイプ、リモコン接続タイプ、Tコイル対応タイプと種類が豊富になっています

興味をお持ちの方はお気軽にご相談ください

聴こえを通じて、より楽しい生活を送って頂けるよう、リオネットセンター新宿スタッフ一同、心を込めてお手伝いをさせていただきます。

今後も認定補聴器専門店リオネットセンター新宿をよろしくお願いいたします
関連記事

GW期間中の営業日についてのお知らせ

リオネットセンター新宿での4月末から5月上旬の休業日をご案内申し上げます。


  休業日 : 4/29(火)、5/3(日)~5/6(水)
  営業日 : 5/1(金)、5/2(土)

  
  カレンダー通りの営業となります。
  
  休業期間中はご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
関連記事

補聴器販売店での手話対応 ~ありがとうございます編~

いつも認定補聴器専門店リオネットセンター新宿をご利用いただき、ありがとうございます

当店には毎日多くのお客様にお越しいただきますが、中には手話を必要とされている方もいらっしゃいます。

私ども補聴器販売に携わる人間は、お客様の聴こえの質の向上を目指しているわけですが、
当店では手話もあいさつ程度はできるように、手話ができるスタッフから指導を受けております

ちなみに当店では、流暢に手話のできるスタッフが3名在籍しております。

今回は「ありがとうございます」の手話をご案内させて頂きます。

今回の内容は手話普及の為の内容ではありませんが、
「手話での対応もきちんとやらせていただきたい」
という思いで書いています。

リオネット補聴器をお使いで、手話を必要とされている方は、お気軽にリオネットセンター新宿へお越しください

リオネット補聴器を愛用いただいて、「ありがとうございます」。
ありがとう
関連記事