MADE IN JAPANの実力 新宿のリオネット補聴器メーカー直営店 リオネットセンター新宿ブログ

国産補聴器メーカーリオンの直営店リオネットセンター新宿(新宿駅代々木駅すぐの認定補聴器専門店)のスタッフブログです。補聴器選びに欠かせない語音明瞭度(弁別能)測定・補聴器の価格・評判・保険適用・補聴器と集音器の違い、新宿駅代々木近辺のグルメ情報などの情報発信を行います。
2018年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ メディア(TV、新聞、雑誌)への掲載
CATEGORY ≫ メディア(TV、新聞、雑誌)への掲載
       次ページ ≫

難聴の放置は認知症のリスク増

いつもリオネットセンター新宿のスタッフブログをご覧いただき、

誠にありがとうございます。

 

少し前の話になりますが、NHKの人気番組「ガッテン!」で放送された内容が新聞記事になっていたので、そのことを取り上げたいと思います。


ガッテン


昨年の12/6に放送された内容で、「認知症を防ぐカギ!あなたの”聴力”総チェック!」について取り上げた記事です。

 

難聴を放置すると脳が委縮して認知症になるリスクが増えるというものですが、耳鼻科医の世界的権威である博士によると、「難聴は脳に重大な影響を与えることがわかった」とし、難聴で音の入力が少なくなると脳の音をつかさどる部分の委縮が進み、それを放置すると認知症の発症率が高くなるというものです。

 

難聴は認知症リスクの一要因であるとしつつ、会話は相手の話を推測したり、次に自分が何を答えようか考えるため、そうした聞こえに関する脳のネットワークが難聴により崩れてしまうと認知症が始まると言われているようです。

 

難聴の認知症危険度として、ある調査結果では軽度難聴でも危険度は1.89倍、中等度難聴では3倍、重度難聴では4.94倍となる研究報告がされているようです。

 

補聴器といえば煩わしい、高齢者が使うもの、極力人に知られたくないなどネガティブなイメージが先行します。確かに補聴器は高価なものですし、着けたからといって以前のように聞こえるようになるわけではありませんが、認知症発症のリスク低減につながる可能性があるとすれば、一考の余地はあるかもしれません。

 

今は補聴器を購入する前に試聴できる店舗がほとんどです。借りられる期間は店舗によって異なると思いますが、補聴器を検討する場合は、必ず試聴しましょう。

 

まずはご自身の聞こえに少しでも不安がある方は、一度耳鼻科でご自身の聴力をチェックされては如何でしょうか。

毎日新聞の取材

いつも認定補聴器専門店リオネットセンター新宿をご利用いただき

誠にありがとうございます。


8/2の毎日新聞朝刊に、先日取材を受けた当店の記事が掲載されましたので、

情報としてアップします。


MAINICHI.jpg


私たちがどんな気持ちで日々お客様に接しているか、

少しでも知っていただけたら幸いです


↓撮影風景です。

撮影風景


Stand・by・you!そばにいるよ

毎日新聞の医療・福祉面に毎週掲載されております。

福祉や介護、医療などの現場で、共生を願い、誇りとやりがいを持って

当事者のそばに寄り添う、これからを担う世代の人たちを紹介している記事です。



書籍 「耳が喜ぶ補聴器選びNo.2」の取材

いつもご利用ありがとうございます。


さて、認定補聴器専門店である当店リオネットセンター新宿が、

5/15(月)に発売予定の書籍の取材を受けましたので、取り上げたいと思います。

 

発売を予定している書籍とは、「耳が喜ぶ補聴器選びNo.2」というものです。

 

PHOTOSCENE.jpg

   ↑取材風景です。


No.2ということは・・・

そうです。No.1があり、好評につき第二弾が出るということです。


発売前ということもあり、内容の詳細まではわかりませんが、

少なくとも前回のものを見ると、


・著名人の補聴器ユーザーインタビュー

・補聴器の仕組みを詳細にわかりやすく解説

・購入前に知っておきたいこと

・購入までの流れ

・電池について

・最新補聴器について

 

などなど、内容が盛り沢山でした。

 

しかも非常に見やすくわかりやすいので、厚さ1センチほどのボリュームでも最後まで飽きずに読破できます。

 

特に著名人の補聴器ユーザーへのインタビューは、どういう経緯で補聴器をつけるようになったのか、補聴器をどういう気持ちで使っているのかがとてもリアルに伝わってきます。これから補聴器を検討される方には、参考になるのではないでしょうか。

 

また、最新補聴器の凄さには、思わず「へ~、こんなこともできるのか!」と唸ってしまいます。


No.1については店頭に置いてありますので、ご来店の際に是非ご一読下さい。


HACHOICE_20170512101031667.jpg

   ↑今回発売予定の表紙です。


No.2がどのような仕上がりになるのか、とても楽しみです。

発売後には、店頭にも設置されるので、No.1と併せてご一読ください。



産経新聞の取材

先日、「補聴器の選び方」というテーマについて、

当リオネットセンター新宿が産経新聞の取材を受けました。


補聴器というのはどういったもので、

どんな種類があって、

価格はどれくらいで、

といった具合で記者の方から熱心に質問を受けました。


その際、「小さい補聴器はどれくらい小さいのか」という話題になった時に、

リオネット最小のオーダーメイド補聴器「極(きわみ)」を

実際に装用した状態を見てもらい、どれだけ小さいものかを知ってもらいました。

DSC00004.jpg

右耳に「極」を装用しているのを見て、

「小さくて着けているのか本当にわかりませんね~」と驚いていました。


また、実際に店舗にご来店されていたお客様からお話を聞き、

「補聴器を装用して聞こえるようになったら何が楽しみですか?」

「聞こえるようになるだけで幸せですよ。」

などお話をされていました。


DSC00008.jpg


本日2月17日(金)に記事として出ておりますので、

目にする機会があれば、ぜひ目を通してください。

SANKEI.jpg

【電子版】耳と補聴器のひみつ

先日ご紹介しました学研まんが「耳と補聴器のひみつ」ですが、
このたび...電子書籍版が学研のウェブサイトにアップされました

小学校や図書館など限られた場所にしか置いてなかったのですが、インターネットから閲覧が可能となり、より身近に読めるようになりました。

学研キッズネット → https://kids.gakken.co.jp/himitsu/121/index.html

多くの方にこの本を読んでもらえることで、日本においての難聴への理解や補聴器の普及につながることを願っています